ニーズは増加傾向に|医療事務講座で知識を盗め|将来の糧になる
レディ

医療事務講座で知識を盗め|将来の糧になる

ニーズは増加傾向に

保育士

他の免許がとれることも

保育士になるには、たくさんの方法があります。オーソドックスなのは、保育士養成課程のある専門学校、短大、大学などを卒業するという方法です。養成課程のある学校を修了して卒業すれば無試験で免許を取得できます。また、通信制のスクールや実務経験を経て国家試験を受験するというルートもあります。大学に進学して保育士免許をとる方法は、学費や時間はかかりますが、きちんと学ぶことができる方法です。また、幼稚園教諭の免許など他の免許も同時にとることができることもあります。今後は保育園と幼稚園の違いが少なくなってくるため、両方の免許をとることができるのは就職に際して大きなメリットとなります。また、深く学ぶことができるのも実務で役に立つはずです。

しっかり学べる

保育士に早くなりたいのならば、専門学校や短大が学費も安く期間も短いのでおすすめです。しかし、大学に進学して、四年間きっちりと学ぶことも大きな魅力があります。それは、児童心理などについて幅広く、深く学べるということと、実習をしっかり行えるということ、他の経験もつめるということです。大学では保育士養成課程以外にも一般教養なども学びます。多角的な勉強ができるため、人間的に深みのある保育士になることができます。また、四年間あるので実習にも力を入れることができます。実習をしっかり行えば、現場に出たときも違和感なく動けます。また、バイトやサークルといった様々な活動ができ、多くの人に出会えるという点も人間的に深みがでるため魅力的です。